カリフォルニアの空の下、身土不二に一物全体で。料理とお菓子作りの記録など。メイン日記はhttp://senrufan.exblog.jp/にて。


by circle-base

マルメロをジャム、に

b0121071_1063513.jpg

ファーマーズマーケットで、初めて買いました。
マルメロ、または花梨(かりん)。英語ではQuinceと呼ばれます。

以前行ったイタリアンレストランで、デザートにこのQuinceを使ったタルトが出たことがありまして。
梨に似たしゃきしゃきした食感が印象的で、一度実物を手にしてみたいと思っておりました。

ところが、周りのスーパーでは見かけたことがなく。あまりポピュラーではないようで。
いつか会いたいと思っていたら、マーケットのとある屋台で、籠に盛られたマルメロを目にすることができたのです。これも引き寄せの法則(違)

屋台の人に、お薦めの調理法を聞いたら、生のままだと酸っぱくて固くて食べられないので、砂糖と一緒に煮るのがいいわよ、とのことで。
帰宅してからレシピを検索してみたら、なんとしょっちゅうお世話になっている素敵ブログ、「ギリシャのごはん」さんにありましたよ。
こちらの「マルメロの砂糖煮」を参考にさせていただくことにします。


良く洗って切ってみて、欠片を口に入れてみたら、確かに固い歯応えですが、生食できないほど酸っぱいというわけでもなく。
でも、梨やりんごに比べて、甘味が薄いのも事実ですね。

こちらのレシピのありがたい点は、最初に剥いた皮と芯を煮込んで、その汁を使うこと。
普段私が果物を使う時は、大抵のものは皮付きのままですが、さすがに芯までは食べられず。これは皮は剥くにしても、一物全体で使えるところに嬉しくなったのです。

小さく切った実に、煮込んだ汁と甜菜糖を加えて。
ちなみに入れた甜菜糖は、レシピが果物の半量のところ、10分の1ぐらい、だったかも。大抵は果物の甘さそれだけで、私達には十分だったりするので。

ことことと1時間ほど煮込んで、最後にシナモンとレモン汁を加えました。
煮込んだ汁が、マルメロに含まれるペクチンで、冷めるとジュレのようになる、とのことでしたが、さすがに砂糖が少なすぎたせいか、冷めてもさらっとしたまま。
しかし予想通り、甘さはこれでも強いぐらいだったので、次回があればもっと減らしてみようと思います。

しゃっきりの歯応えが残って、アップルジャムのような美味しさです。

b0121071_108663.jpg

[PR]
by circle-base | 2008-10-15 10:05

発芽した、レンズ豆たち

b0121071_1261543.jpg

先日のファーマーズマーケットでの収穫品です。

ファーマーズマーケット(Farmer's Market)とは、金~日にかけての週末に開かれる、お百姓さんの直接販売による市場です。
金曜はあの市、土曜はあちらとそちら、日曜は……といった具合に、近隣の市で順繰りに開かれるので、都合の良い時間と場所の開催場所に、車でぶーんと行くわけです。車社会のこちら、一日の走行距離が50kmなんてハシタ、ハシタ、といった感覚なので、連日市場巡りでも楽しいもの。

問題は、これは地域によるのですが、私の住むエリアでは、直接販売であっても、実はスーパーで買うのと、ほとんど値段が変わらないこと。
だからメリットとしては、より新鮮であること・スーパーには卸さない品が手に入ること・生産者の方に色々話を聞いて選べること、などですね。
そしてお財布は、確実に風船なみに軽くなるのです……(虚)

市場によって出店屋台が異なるので、それぞれのマーケットごとに、ヒイキのお店、というのができるのですが。
それと同時に、今まで見たこともない品物を売っているお店に出くわす、という楽しみもありまして。
そういうものに巡り会った時は、売っている人にあれやこれや、栄養や味やお薦め料理法など、事細かに聞いてしまうのです。これまた直接販売の醍醐味ナリ。


そして先日出会ったこれは、レンズ豆スプラウトの3種詰め合わせパック
貝割れ大根やブロッコリー・スプラウトなどを扱っている、サラダ用のスプラウト専門の屋台を発見し、ふらふらと近寄ってみたら、ふと目についた色付き野菜。それがこのパックでした。
レンズ豆といえば、乾燥のものしか知らなかったので、ちゃんと芽が出ているちっちゃな豆たちにまず感動。そして、この生のまま食べられることにまた感動。

グリーン、フレンチ、レッドの3種。サンプルをその場で食べさせてもらったのですが、シャクシャクとした歯ざわりと、とにかくフレッシュで爽やかな風味が、とても美味しく感じられ。即、その場でお買い上げ~♪となりました。
また財布が軽くなりましたが(……)、その分心も軽いです。


それからは、日々楽しませてもらいましたとも。
さっと茹でた青菜と混ぜたり、スープのトッピングにしたり、炊いた雑穀と混ぜてドレッシングと和えたりして。

ただ、我が家はやはり生野菜は苦手でして。主に、冷え症の私が。マクロビ的にも、やはり加熱した方がベターであることで。
スプラウトの力は酵素によるものなので、加熱したら効果は落ちる、と思われるのですが。だったらその分、量を食べればいいよね~、とまた言い訳をデッチ上げ(得意技)、普通にレンズ豆を使うレシピでも使ってみましたよ。


レンズ豆と言えば、お気に入りはこのレシピ。この本にのっている、キャベツとレンズ豆の煮込みです。
ウォーターソテーした玉ねぎ、レンズ豆、キャベツと重ねて、少量の水でじっくり煮込み、味付けはほんの少しの塩のみ。素材から出てくる旨味と甘味がたまりません。
短時間で火が通るレンズ豆ならでは、の料理で、この冬は何度も食卓に登場してくれました。

b0121071_129281.jpg


最後に残ったスプラウトは、豆のハンバーグに。
玉ねぎとにんじんをみじん切りにして、ほんの少しの油でじっくり炒めた後、塩をふって数分蒸し煮。
その上に豆をのせて、更に数分蒸し煮した後、粗熱をとって、フードプロセッサーにかけて潰します。
加減しながら全粒粉を加えて混ぜ、小判型にまとめて焼きました。


これですっかりなくなったので、来週末はまたあそこに行って、新しいのを買ってこよう。
その時に、また何か新しいものに会えるかな。
食材巡りは、どんな時でも、楽しみ以外の何物でもありません。
[PR]
by circle-base | 2008-03-29 12:05